VDI・シンクライアントとは?

VDIとは

VDI(Virtual Desktop Infrastructure)とは、仮想化したデスクトップ環境をサーバに集約し、その環境を利用する仕組みのことです。手元の端末にデータやアプリケーションを入れず、サーバ等にあるデスクトップ環境を利用します。
実際に業務を行う際には、端末で行った操作がサーバで処理され、その結果をネットワークを通じて受け取ります。ネットワーク環境さえあれば、端末や場所に関係なくオフィスと同じ環境のPCが利用可能です。

 

 

 

シンクライアントとVDI

シンクライアントシステムでは、ユーザが利用する端末は必要最低限の機能しか持たず、
ほとんどの処理はサーバが行います。データ等の資源をサーバ上で一元管理するため、高いセキュリティを維持することができ、在宅勤務やテレワークに適しています。
VDIはシンクライアント実装方式の中の1つで、「画面転送型」に分類されます。

 

従 来

シンクライアント

リモートワークへの活用

リモートワークにおける課題

端末の紛失・盗難

自宅PCやモバイル端末を利用
PCの性能や機能にほぼ依存せず、ネットワーク環境があれば利用可能です。

データ漏洩

PCにデータは保存しない
データは遠隔地にあるサーバ上に保管するため、情報漏洩防止になります。

各端末の管理

管理者による一括管理
ソフトの更新などをサーバ側で一括管理でき、コスト削減、セキュリティ強化に繋がります。

VDI導入で解決