FAQ(よくある質問)


このページの内容を正しく表示するには、
JavaScriptを有効にしてください。
 

みなさまからよく頂くご質問を集めました。
この他にも質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

Q1.教育・研修制度について教えてください。
A: 新入社員研修では社会人としての知識やITに関する技術など、各種の分野における基礎となる教育を実施しています。新入社員研修修了後には配属された各職場で先輩社員からのOJT(オン・ザ・ジョブトレーニング=職場内教育)による『トレーナー制度』という概ね1年間の実地教育があり、当社内で開催する研修やその他にもお客様が指定する社外の技術研修に参加することもあります。この他にも会社が斡旋する通信教育ではIT以外の知識を身につけることも可能です。これらの制度は決して会社のためではなく、受講する皆さんのためにあるということを理解して有効に活用してください。

Q2.キャリアパスの制度はありますか?
A: 会社の制度として明確なものはありませんが、本人の希望や適性、タイミングなどで、キャリアパス、職場をまたぐローテーション等が行われるケースも多くあります。そのためには常に上のレベルを目指す意思と努力が必要です。本人の意欲も大切な要素となりますので、前向きな姿勢で日々の業務に取り組み、研鑽を積んでください。何も考えずに言われたことだけをやっているようでは、キャリアパスの対象にはなり得ません。
Q3.独身寮はありますか?
A: 独身寮はあります。自宅からの通勤が困難な方のみ入寮可能です。
Q4.コンピューターの知識がないのですが大丈夫でしょうか?
A: 業務に必要な教育はその都度実施しており専門知識がなくても大丈夫ですが、多少のコンピューターの知識があることが望ましいです。実際の業務では、その業務ごとに必要になる知識がまったく異なる場合が殆どです。 コンピューターに詳しい社員でも、担当する業務が変わればその都度新しい知識の習得が必要になります。今現在の知識の有無よりも必要な知識を積極的に習得しようとする姿勢が大切です。
Q5.本人の志望勤務地、志望業務を尊重してもらえますか?
A: 基本的には尊重します。ただし、勤務地に関しては社員の居住地域・通勤の便、業務に関してはその社員の適性を考慮しますので、ご希望の勤務地・業務にならない事もあります。
Q6.残業・休日出勤はありますか?
A: あります。勤務地、及び職種により異なりますが、職種によっては交代制勤務・夜間勤務もあります。
Q7.福利厚生施設、保養施設などはありますか?
A: 当社独自で所有しているものはありませんが、加盟している健康保険組合/厚生年金基金の施設を利用することが可能です。また、JTB/日本旅行契約旅館の利用補助金制度及びIBMの福利厚生関連会社が提供する様々なサービスを利用することもできます。
Q8.社員の平均年齢を教えてください。
A: 社員の平均年齢は39.7歳です。(2017年3月現在)
Q9.入社するまでに取っておいたほうがいい資格はありますか?
A: 特にありません。基本的には会社に入ってから資格を取得していただきますが、学業に支障をきたさないようであれば、ITパスポート試験や基本情報技術者試験などを勉強されてもよいと思います。
Q10.育児休業について教えてください。
A: 生後1歳未満の子を養育する場合には、育児休暇として一定期間の休暇を取得することができます。
Q11.新入社員の離職率はどのくらいですか?
A: 過去3年間の離職率は、2011年度に新入社員が入社しなかった実質過去2年間となりますが、0%です。ちなみに過去5年間の離職率は、16%です。
Q12.転勤はありますか?
A: 多くはありませんが、事業戦略などに基づいて実施されることがあります。
Q13.文系でも応募できますか?
A: 応募できます。文系・理系を問わず、向上心とやる気があれば問題ありません。入社前研修や新入社員研修、OJTなどでしっかり教育していきます。
Q14.選考結果は教えてもらえますか?
A: 選考結果は合否を問わず、本人へ連絡します。
Q15.女性社員の方はどのくらい活躍されているのでしょうか?
A: 女性社員の比率は会社全体の10%を満たしませんが、営業職やエンジニアとして活躍されている人もたくさんいます。待遇面でも男性とはまったく差がなく、男女とも仕事の成果や自己啓発能力が評価されるので、仕事のやりがいは大きいと思います。 また、各種制度も整っていますので、結婚・出産後も活躍している女性社員がいます。
Q16.会社の雰囲気を教えてください。
A: 役職ではなく「○○さん」と「さん付け」で呼ぶ、アットホームで風通しのよい会社です。プロフェッショナルとして働く中で厳しい場面もありますが、「報・連・相」がスムーズに行えるため、支えあい成長できる環境です。
※「報・連・相」とは…社会人の基本となる「報告」「連絡」「相談」の略です。